国際結婚手続き[その4]

thai_98_038_m公証人役場って何する所?

公証人とは国の公証事務を行う法務省大臣が任命し独立した個々の公務員
その公証人が執務をしている所が公証人役場なのですね。内容は契約の公正証書の作成や会社定款、私署証書の認証などです 。
全然知りませんでした。(笑)人生初体験!

婚姻要件具備証明書に必要な書類を作る

在日タイ大使館で発行される婚姻要件具備証明書は、この人は結婚が出来る条件が整っているという証明の様な書類ですが、相手の人はどんな人か、定職は、収入はどれ位か等を調べ婚姻して暮す事が出来るのかを調べるようです。在日タイ大使館に提出する為には公的書類にする必要があります。その為に私文書は公証人役場で認証を受けます

公証人役場体験

所得証明を公的文書にする為に公証人役場へ行きました。はじめ簡単に出来ると思っていました。受付のカウンターの所で用件を言ったのですが、「出来ません」と言われました。

「えっ!」何にも考えず直ぐに出来るものと思い込んでいたので正直、この答えは想定外で頭が真っ白になりました。
その日は夕方で他の公証人役場の場所も調べていなかったので、次回の仕事の休日に行く事にしました。
新たに違う公証人役場へ行き用件を言いましたが「出来ません 」と、またも同じ答えでした。

何故出来ないのか、まったく知識の無い僕には何が何だか分かりませんでした。あと一件別の所でも同じ答えでした。

これ以上続けても同じだと思い在日タイ大使館に問合せ質問しました。

在日タイ大使館の答えは・・・こうです『公証人によってテクニックを色々持っているので、その方法で行って下さい』との事でした。
でもその方法ってなに?・・・。今一理解が出来ませんでしたが、大使館側もこれ以上は、話せない様な雰囲気の対応だったので、もう1度行くしかないと、また新たに公証人役場を探し行きました。そこでは受付のベテランの様に見える女性の方に今までの経緯を話した所、『それならばこんな方法がありますよ』と言う返事が帰ってきました。
この瞬間「やった!」と声を上げたくなるのを堪え、手続きに入りました。内容は、『この所得証明書は本物です』と言う証明を証明すると言う何とも理解し難いこじ付けの様な方法でした。その後は公証人の方とすんなり話も進み、手数料を払い無事に公的文書にする事が出来ました。