知らなかった!無線LANの規格で電波が違うこと

無線LANの規格って知っていますか

無線LANの規格には4つの規格があります。その違いはこの様になっています。

11n
最新の規格で、高速が特徴。
ハイビジョンコンテンツや光回線で高速インターネットを最大限に楽しみたい方に。
2.4GHz対応なら11b、gと5GHz対応なら11aと互換性あり。

11a
電波干渉に強いので、快適なホームネットワーク環境を求める方に。

11g
対応機器が多いので、家電・パソコン・ゲーム機を同時に接続できる。
11bと互換性あり。

11b
スピードは遅く、電波干渉にも弱い。


現在販売されている無線LAN製品は、複数もしくはすべての規格を扱えるものがほとんどです
例えば規格値54Mbpsの速度の無線LANルーターが11gだけしか使用できない親機だと2つの子機を同時に接続した場合速度を半分ずつシェアしなければならないの対し、11gと11aを同時に使用できれば、2つの子機が54Mbpsの速度をそれぞれ利用できます。
今一速度が・・・と思っている方は見直してみる必要が有りますね。

また異なる周波数帯を使用する無線規格(11n,11a,11g)を切り替えて使えるルーターと、複数の規格の無線を同時に使用できる機器もあり、自分が持っている無線LANルーターの性能を調べて見てはいかがでしょうか
それとパソコンやゲーム機など、子機側の対応規格を確認しましょう。 どの規格がいいか迷う方や、これから導入しようと思っている方は、親機、子機で無線LANの規格を揃えるのが無難です。

オススメの無線LANルーターはこれ!

4LDK・3階建の方に最適

転送速度が従来品より1.5倍
パソコン・携帯・ゲーム機など接続も安心スムーズ。
プリンター1台で家族のパソコンと共有できるのは便利です

ワンルームや平屋の方に最適


 値段も安く手頃iPhone6s対応
無線LAN規格:IEEE802.11n/b/g、スマホ・タブレット・PC・TV等対応
対応OS:Windows XP、Vista、7、8、8.1、10、Mac OS X 10.5~10.10

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする