車の任意保険 車両入れ替えの時、保険は適用されない?

新しい車を買い替えた時の気分は、何かウキウキしませんか?新しい物を買った時に,いつもそう思います。ただ浮かれているばかりでは無く大切な事も行わなければいけません。
車の任意保険ですが今まで契約していた任意保険は、新しく購入した車に引き継がれるのか、またその他、任意保険にまつわる事についても調べてみました。

車両入れ替え

車両入れ替えとは今現在の車両を買い替えなどで車両が変わった時の事

車の任意保険は所持する車に対しての保険なので新しく自動車を買い替えた時などには任意保険の契約の変更をしなくていけません。

ディラーや中古車屋などでは代理で行ってくれる場合もありますが、自分でも簡単に出来ます。

手続きは保険会社に保険証券番号、契約したい日(納車日)と新しい車検証を用意し連絡するだけです。ネットやメールでもOK

また連絡が遅くなっても30日以内の事故でも前の車と同条件で補償して貰えますが自分の保険内容を確認しておく事をオススメします。(被保険自動車の入替における自動担保特約)

任意保険の家族間で等級の引き継ぎ

車の任意保険の等級は家族で引き継げる事を知っていましたか?

例えば

  • 親の等級を子どもへ引き継ぐ
  • 自分がもう車に乗らないので親族に等級を譲る
  • 子供が新しく車を購入するので引き継ぐ など・・・・

条件は、「記名被保険者の配偶者」「記名被保険者の同居親族」「配偶者の同居親族」

保険会社が異なっても引き継ぐことが出来ます。親子2台の車に対しても等級の引き継ぎが行えるので自動車保険の契約の時に保険会社に伝えましょう。トータルでかかる保険料が数万円抑えられる事が出来ます。
他社の保険会社からでも切り替えの際、等級が下がってしまうのでと心配になる方も安心です。
勿論今までの等級が引き継がれます

任意保険の中断証明

中断証明書とは、自動車保険を解約後に任意保険の等級を、再契約時に引き継ぐ証明書

数年間、車に乗る予定が無い時には現在の等級を残すために解約ではなく中断の証明書を依頼しましょう。 中断にしておけば保険料を払わずに数年後また新規に車を購入した時に以前の等級からスタート出来ます。中断ではなく解約してしまうと新規の契約になり等級も6等級からなので保険料も高い所から始まります。

条件は

現在7等級以上を所持している

中断日までに車両の廃車、譲渡、売却が済んでいる場合

中断証明書の発行の書類
契約していた車両の廃車、譲渡、売却を証明する書類
旧保険証券
保険会社が用意する書類

中断は最大10年間です、以前契約していた保険会社とは異なる所でも中断証明書は使用できます
その後契約しなくても特にペナルティなどはありません。

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする